ボーカルトラックのミックスクオリティを劇的に向上させるプラグイン設定法

tubetechcl1
Share on Facebook
Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

シンプルなボーカル楽曲のミックス機会が増え、ボーカル処理のより良いアプローチを模索していたら、ものすごくありがたい動画を発見しました。スガシガオなどを手掛け、サンレコなどでもおなじみのレコーディングエンジニア中村文俊氏はご存知だろうか?
 
Rock-onで行われたProtools向けセミナーをYouTubeで拝聴したところ、DAWで制作する楽曲のクオリティをあげたいクリエイターにとって参考になる実践的なテクニックが満載。その方法を取り入れて音作りしたところ、ボーカルトラックのMIXクオリティが飛躍的に向上しました。MIXの肝と呼べるボーカルの音作りを向上させたいクリエイター向けに実践したフローを公開します。少しでもハイクオリティなボーカルトラック作成をしたい人や、名機をエミュレートしたプラグインを使い切れていないと感じている方は必見です。
 
もくじ

 僕はノイズ除去やマスタリングを中心に音質改善サービスを運営しています。音楽以外の録音物も色々な依頼をいただくのですが、アマチュアの録音状態が厳しい音源を修復することも多く、その流れからミックスまでお手伝いする機会が増えました。
 
ポップスやロック系の楽曲制作はDAWを軸としている方がほとんどでしょう。重圧なバックトラックの楽曲はプラグインのプリセットを活用した音作りでもかなりカッコよかったりします。でも、ことボーカルトラックに関してはメジャーな流通作品と比べて圧倒的に見劣りしていませんか?

特に弾き語りスタイル(歌とギター、歌とピアノのみなど)を配信作品レベルに仕上げるとなると、自力でリハスタレコーディングをしたとしても、多くの場合、プロレベルに仕上げるのは難しく、「やや素人的」な音になりがちです。さて、そこから脱却するのに我々はどうすれば良いでしょう?

1.何だかんだいっても素のボーカル素材クオリティが決め手

 歌をプロ並みに録音するのは難しい
 
 現在の録音はデジタル記録されるので、プロと同じ解像度の録音が誰でもできるはず。しかし、歌などの超アナログ素材を録音する場合は高解像度であればあるほど、録音環境やセッティング次第で問題を抱えたデータとなり、ミックス素材として扱いにくい音源になってしまいます。劣悪なベッドルーム録音はもちろん、音楽スタジオであってもコンデンサーマイクの扱いに精通していなければ、そのほとんどが厄介なノイズに悩まされていたりします。
 
(参考)後付けでも問題あるボーカルトラックの様々なノイズを修復できるizotopeRX-6 Advanced)

1-1ネガティブ要素の排除

レベルオーバーによるクリップや歪みは問題外ということは言うまでもありません。ダイナミックレンジが広い歌を録音するときは思った以上にそのセッティングは難しいもの。ここではMIXがテーマのため、記載しませんが下記のポイントは各自対策をして少しでも良い歌素材を確保しましょう。

☆マイクセッティング

☆ヴォーカル録音機材

☆ノイズ対策

いづれも自身の環境と近い記事を参考にするとよいでしょう。
宅録するのにレコーディングスタジオを前提とした記事を見ても、効果的でないことは容易に想像できます。また、持っている機材やプラグイン、ご自身の各種スキルにマッチしているかもポイントです。

1-2生命線のコンプの効果を活かし切るオーディオトリミング

ボーカルトラックは通常扱うオーディオトラックの中で最も生々しく、扱うのが難しいです。
大きなダイナミックレンジ(音の強弱)は経験値に基づく高度なスキルを要します。
コンプレッサーをどれだけ効果的に使用できるかが、ボーカルトラックの生命線。
 
お時間のある方は下記の動画(時間帯指定リンク)をご覧ください。この内容を実践し、このブログをまとめています。
 
素材のボリューム均しからコンプセッティングまで中村氏のミックステクニックをわかりやすく説明してくれています。
 
もちろん、他の内容もとても参考になります↓↓↓↓↓
 
 

2.ボーカルトラックのクオリティを左右するコンプレッサーの活かし方

コンプレッサーについてのテクニックを要約すると
①コンプを通す前に波形編集でピークを均す
②コンプは2段階に分けてかける
 
どんな名機といわれるコンプレッサー(やそのプラグイン)でもオーディオ素材の強弱が大きいと大きなピークでの「潰れ」がボーカルのナチュラルさを奪ってしまいます。いかに数段階に分けて「な・だ・ら・か・に」名機ならではの特色を生かしたコンプレッションさせるかがポイントです。

①素材のボリュームピークを均しておく

動画で説明している中村氏もかつてはボリュームオートメーションを細かく書いていたようですが(僕もこの動画を見る前は面倒なスライダーのオートメーションを書き込んでました)、最近ではミキサー卓がないProtoolsスタジオを利用することも増え、効率的なフローを見つけたとのこと。DAWなどのオーディオのレベル波形をみてピーク部分を均す。波形でピークの山を見ながら適時波形をトリミング(分割)し、切り出したパーツごとに大まかにゲイン調整をする。見た目でバンバン作業し、最終的にはしっかりモニターして歌が聞きやすいバランスに調整しておきましょう。コンプレッサーをかける前に、強弱のピークを均したナチュラルトラックを作っていくことが、1176などのエミュレーションコンプを効果的に使うための肝です。

②光学式とFETコンプ の2段がけ

izotopeからレコーディング素材ごとの最適なミックスを自動アシストしてくれるNeutronというプラグインパッケージが発売されましたが、こちらもデフォルトでマルチバンドコンプが2段階設定されるようになっていますね。ボリュームピークを複数回に分けることにより、よりナチュラルに仕上げるプロのテクニックが盛り込まれれいます。
 
まだまだコンプが難しいと感じる方はこちらを使ってみてコツを得たら、単体のコンプを使用してみるのが賢い選択です。単体のビンテージコンプやEQが使いこなせるようになると、プロの「あの音」がかなりのレベルで再現可能になります。
 
A)一つ目に通すコンプはTube-techなどを模した光学式コンプ
Tubetech cl-1
B)二つ目に通すコンプは1176などを模したFET系のコンプ
1176各種コンプレッサー
 
 
 
いづれも有名レコーディングスタジオで定番中の定番のコンプレッサーですが、同じコンプでもその方式により特性が異なります。とても荒っぽく説明すると….
 
A=ガツンと入った音の反応が遅いので、ナチュラルにかかる反面、深くかかるとレスポンスよく戻ってこない。
B=レスポンスがキビキビと早く、パンチがつけやすい。
 
ナチュラルに均した(A)あと、パンチ(滑舌がよくなる)とコシを加える(B)というのが、プロエディットの基本。当然ですが、ボーカリストの質、曲のジャンルやテンポによりセッティングは微調整が必要です。まずはいずれのメーターで3dB前後を潰す設定を目安にいろいろ試してみると良いでしょう。これらを参考にアレンジした僕のおすすめセッティング(とってもナチュラルなのでかなりオールマイティーです)
 
 

3.プラグインのルーティング事例

TR1
1.①の手順でボーカル波形をならす
2. Pre amp ( 1073preamp&EQ/UAD)
3.EQ(Ozone7 EQ /izotope or SSL系EQ) 
4.Comp(Tube-Tech CL 1B/sofutube)
5.Comp(1176LN/uad)
ヴォーカルバストラックへ(TR1&2)をまとめる
TR2
TR1①と同じ素材を配置(パラレルMIXする)
2. Pre amp ( 1073preamp&EQ)
(3)何もせずにナチュラルトラックとしてTR1に対して30%前後のボリュームで混ぜる
ボーカルバストラックへ(TR1&2)をまとめる
バストラック
1.チャンネルストリップ(VCC (API or SSL)/   Slatedigital
センド(ディレイ、リヴァーブ等その他)
 
 
TR1を軸としながら、オケの楽器数が少ない弾き語りなどの場合はナチュラルさを出すために素に近いパラレルトラックを混ぜると自然な感じに仕上げやすい。重圧なオケの場合はそのアレンジに合わせ、逆にエフェクティブな要素を積極的に加えるトラックとして使用します。

 

4.EQ処理なしは必要ないというプロエンジニアに録音してもらった時だけ

 動画内で説明されている中村氏のコメントはボーカル録音の際にEQはほとんどすることなく、プリアンプとマイクのセレクトで特徴づけるということですが、プロエンジニアが録音していないアマチュアのセルフ録音の場合、そのままでは使えないケースがほとんどです。
僕がアマチュアミュージシャンから依頼されるとき、元素材をiZotope RXで細かなノイズ除去を入念に行い、プロの録り音に近い状態まで持っていきます。(ヒスノイズ、物音、リップノイズ、ハムノイズなど、かなりひどい場合が多いです)その上で、EQ補正が必要なケースが多いのが現状なので、エフェクトのインサートにはナチュラルに音作りができるEQを僕は基本入れながら音作りをすることがほとんどです。
 
 
3のEQはネガティブ要素を削る補正する音作り、6では積極的にオケに馴染む音色を作ります。Greendayなどを手がけるクリスロードアルジ(Wavesのシグネイチャープラグインでも有名ですね)もPultec EQの実機は欠かせないと豪語していますが、これ本当にボーカルトラックに最高です。難しく考えることなく感覚値でノブを回すだけでとてもいい感じ。美味しい成分を殺すことなく、嫌味なくきめ細かなサンドペーパーのように磨き上げられる神EQ。
 

まとめ

ボーカルトラックのクオリティを決定づける、入力時からコンプのダイナミクス系のテクニックについて重要なポイントに絞っています。リヴァーヴやディレイ、ハーモナイザーなどボーカルを彩るエフェクトは多様なのでまたの機会に。しっかりレストレーションして上記の下処理が上手くいくと、素材を更に色付ける空間系のエフェクトの乗りも一気に良くなります。
 また、エフェクトルーティング例の冒頭にあるマイクプリアンプ(NEVE1073)の威力はやはり、実機が使えることがほとんどないアマチュアクリエイターにとって絶大なツール。セルフ録音する機会が多い宅録ボーカリストは必ず手に入れたいプラグイン。ボーカルトラックはまさに音源のクオリティを決定づける最重要ポイントなので、色々と試行錯誤してテクニックを磨きたいですね。
 
音楽Hi-TeQ 〜Hybridsoundjournal.net〜
最後までお読みいただきありがとうございました。
  

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*