イコライザーを効果的に調整するための必須知識とプロテクニック

SoundRefomer@yamakaWA!!!

音楽・音声のリフォームサービス「HybridSoundReform」代表の山川です。 1991年高校卒業後、レコーディングエンジニアを志し東京コンセルヴァトアール尚美の音響芸術家に入学。在学中にレコーディング技術習得と並行してMTRやシーケンサーによる本格的な音楽制作に目覚め、そこで出会った友人とバンド活動を開始。 活動2年で音楽プロデューサー久保田さちお氏の目に留まり秋元康なども所属するフジパシフィック音楽出版とコネクト。同社によるデモレコーディングにこぎつける。現在クローズしてしてしまったが六本木のマグネットスタジオにてSSL+SONYPCM-3348のレコーディングを初体験。2日間で4曲のレコーディングとミックスを終えるが企画会議で通らなかったのかその後、徐々にテンションが落ち、別でインディーズ版ミニアルバムを発表したのち解散。当時のデモテープはKORG01/Wと(8トラックのカセットMTR~ROLAND VS-1680)をメインとしていた。その後結成した男女ユニットでもソニー系のソイツアーミュージックのオーディションを通過、、BS番組のデモテープ企画でエンディングテーマに採用されTBSデジ屋台に出演するも音楽活動を休止。30歳を機にサラリーマンに転じる。 その後音楽制作と関係のない雑貨・インテリア業界を渡り歩き小売りチェーンのマネージャーとして全国を飛び回る。 2014年進化したDAWのプラグインによるマスタリングやiZotope社のRXによるオーディオレストレーション技術に驚き、自身の過去ライブ音源を修復。これによりサウンドリフォームビジネスを思いつき独立。現在は自ら構築したウェブサイト年間百本以上のサウンドリフォームを手掛けている。 ・ボイスレコーダーやボイスメモデータのノイズ除去・明瞭化 ・ライブ音源のハイブリッド化 ・音楽作品のミックスマスタリング ・音声コンテンツ(ナレーション等)の仕上げおよび修復 ・映画および商用映像作品の整音・ノイズ除去・音割れ修復 <お取引実績のある法人等> 株式会社コロプラ 日経新聞社前橋支局 明豊ファシリティ—ワークス株式会社 岡山県立大学 株式会社ポルトレ 公益財団法人天風会 フォレスト出版 株式会社世論時報社 国際交流基金日本語国際センター 兵庫社労士協同組合

あわせて読みたい

10件のフィードバック

  1. 上田繁 より:

    ありがとうございます。
    これから勉強させていただきます。
    イコライザー初心者です。

    • コメントありがとうございます。
      ある程度のモニター環境は必須だと思いますが、トライ&アンドエラーを繰り返し、感覚値を養われると良いと思います。

  1. 2016年3月13日

    […] イコライザーを効果的に調整するための必須知識とプロテクニック […]

  2. 2016年3月27日

    […] イコライザーを効果的に調整するための必須知識とプロテクニック […]

  3. 2016年5月28日

    […] カットを中心に各パートの楽器が位置する帯域を補正して音像のバランスを細かく調整していきます。ライブ音源は超低音部に余分なノイズ成分も多く乗りがちなので、軽くローカット […]

  4. 2016年5月30日

    […] イコライザーを効果的に調整するための必須知識とプロテクニック […]

  5. 2017年7月27日

    […]   (関連記事 イコライザーを効果的に調整するための必須知識とプロテクニック)   […]

  6. 2018年7月11日

    […] い限り、おおよその場合音質が変わります。(少し籠ったような音質になります)そもそもの臨場感を殺すことなく、違和感なく仕上げるにはイコライザー調整の経験値も必要です。   […]

  7. 2018年7月19日

    […] い限り、おおよその場合音質が変わります。(少し籠ったような音質になります)そもそもの臨場感を殺すことなく、違和感なく仕上げるにはイコライザー調整の経験値も必要です。   […]

  8. 2018年11月17日

    […]   (関連記事 イコライザーを効果的に調整するための必須知識とプロテクニック)   […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です