イコライザーを効果的に調整するための必須知識とプロテクニック

SoundRefomer@yamakaWA!!!

音楽・音声のリフォームサービス「HybridSoundReform」の山川です。RXによる難易度の高い音声修復技術を中心に音楽作品のMIX&Masteringなど。一般ユーザーのボイスレコーダー録音の明瞭化やノイズ除去、劇場公開映画の整音、Edius Proによるノンリニア映像編集も舞台コンテンツを中心に年間数十本手がける。

あわせて読みたい

9件のフィードバック

  1. 上田繁 より:

    ありがとうございます。
    これから勉強させていただきます。
    イコライザー初心者です。

    • コメントありがとうございます。
      ある程度のモニター環境は必須だと思いますが、トライ&アンドエラーを繰り返し、感覚値を養われると良いと思います。

  1. 2016年3月13日

    […] イコライザーを効果的に調整するための必須知識とプロテクニック […]

  2. 2016年3月27日

    […] イコライザーを効果的に調整するための必須知識とプロテクニック […]

  3. 2016年5月28日

    […] カットを中心に各パートの楽器が位置する帯域を補正して音像のバランスを細かく調整していきます。ライブ音源は超低音部に余分なノイズ成分も多く乗りがちなので、軽くローカット […]

  4. 2016年5月30日

    […] イコライザーを効果的に調整するための必須知識とプロテクニック […]

  5. 2017年7月27日

    […]   (関連記事 イコライザーを効果的に調整するための必須知識とプロテクニック)   […]

  6. 2018年7月11日

    […] い限り、おおよその場合音質が変わります。(少し籠ったような音質になります)そもそもの臨場感を殺すことなく、違和感なく仕上げるにはイコライザー調整の経験値も必要です。   […]

  7. 2018年7月19日

    […] い限り、おおよその場合音質が変わります。(少し籠ったような音質になります)そもそもの臨場感を殺すことなく、違和感なく仕上げるにはイコライザー調整の経験値も必要です。   […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です