イマジネーションを刺激する超時空的幾何学動画

Chasing Space

短いながらも自分がワープしているみたいに空間をトリップできる感覚。イマジネーションを刺激される映像です。クリエイターはイタリア生まれ、ベルリン在住のフリーランスモーションデザイナーの作品。アジアにもバックパッカーとして旅行をしたこともあるようで仏教的宇宙思想にも影響があるようです。

Chasing Space from Marco Bagni LostConversation on Vimeo.

公式ホームページ http://www.lostconversation.com

 

普段のルーチンワークから頭が固くなってきたら、ちょっと別の脳のパーツを刺激するために鑑賞するのも良いかもしれません。このような映像ありきでインスピレーションを感じながら音楽作品を作るプロセスを体感したい。

先日、ビョークがニューヨークでDJプレイした録音が期間限定でSoundcloudにアップされていましたが、そのセレクトも音色的にはオーガニックな感じだけど、宇宙的な世界観でトランスする感じと共通する感覚が個人的にはあります。

 

Selected by 音楽Hi-TeQ

こんな記事もアップしています。

音楽SEO対策①YouTube投稿で必ず押さえておくポイント

幻覚的Low-Fiビデオノイズとアンダーグランドテクノの融合

映像ごと?ドラム&ベースをシーケンスしちゃう面白さ。

フジロック初参戦のあなたに役立つ7か条

fujirock

暑くなってビールも美味しい季節、そう夏フェスシーズンが到来です。国内の単独アーティストがオーガナイズするイベントも近年目立っていますが、なんといっても日本の夏フェスといえばFUJI ROCKFESTIBALです。出演アーティストだけでは語り尽くせない圧倒的なイベントに魅了される音楽バカのための夏フェス。

集客が前提とされているスタジアムでのライブイベントと違い、山深い苗場スキー場で開催されるFUJI ROCKは都会的な利便性はありません。買えばいいだろう、行けば何とかなるだろうと気を抜いていると天国が地獄になってしまうケースもあります。「二度とごめんだ」と断言する声もあり、はっきりと好みが割れる。苗場に場所を移し年々進化し、便利さも向上しています。10年以上にわたりフル参戦を続けた体験をポイントとしてまとめてみたい。

続きを読む

Spotify包囲網?音楽配信サービス「AWA(アワ)」がいよいよ

awa

音楽のエイベックス、ネットのサイバーエージェントがタッグを組んでのAWA「アワ」が告知されました。5/27からスマホアプリとしてスタートして2016年までに1000万曲がUPされるという。

海外での定額制音楽ストリーミングサービスはすでに次の段階に入る報道を多く見かけるが、国内の主要レコード会社が賛同してのこの動きにまずは歓迎したいもの。リスナーの利便性は向上はもちろん、アーティスト側にもしっかりと還元のあるメディアになれば良いですね。

ただし、定額聴き放題といってもやっぱり好きなアーティストがリストになかったら話しになりません。告知されている情報から外れるミュージシャンを予想してみます。

続きを読む

レアトラック満載のSOUNDCLOUDを楽しむ方法

soundcloud

Appleがストリーミングサービスの名前が「アップル・ミュージック」になるであろうというニュースが流れた。Spotifyの参入は国内の利権問題もふくめいつになるのかはっきりしていない。YouTubeでしか音楽を聴かなくなったリスナーも珍しくなくなった。日本でSOUNDCLOUDがメジャーにならないのはどうしてなのだろう。有名なミュージシャンが積極活用していないのも大きいでしょうが、一般の洋楽好きのリスナーにはぜんぜん浸透していない。

新しい音楽に出逢いたい人にとって魅力的なサイト。活用している人の多くは、自ら楽曲をアップしているクリエイターが多い。クリエイターの生の姿がそこに見え隠れする。そんな魅力を再確認してみよう。

続きを読む

ドラムの動きがツボにハマる面白ビデオクリップ

Drum+Bass

久々にぐっとくるビデオをみつけました。音楽ってとっても楽しい。

クリエイターの遊び心が満載な映像です。こんな風にドラムのスタンドもリアルに伸び縮みしたらすごいパフォーマンスですね(笑)。

MUTEMATH – Drums+Bass from Claire Marie Vogel on Vimeo.

2003年に結成され、2004年に『リセット』をリリース。強力なリズム・セクションを中心にした、見るものの度肝を抜くライヴ・パフォーマンスで話題となり、ユーチューブやマイスペースなどのWEBでその映像が流れ、口コミで一気にファンベースが拡大していった。2006年にはヘッドライン・ツアーをスタート、彼らのレーベルからこのデビュー・アルバムをリリース。さまざまなアメリカの音楽誌にも絶賛され、ボナルー、ロラパルーザ、ワープト・ツアー、Vフエスティバル、などのフェスにも参加して、さらに知名度をあげていった。9月にはワーナー・ブラザーズ・レコードより、メジャー・デビュー。この際に、日本でも、輸入盤が大きな話題を呼んだ。
2007年にはヨーロッパ・ツアーを行い、3月にはその定評のあるライヴをDVDとして、リリースした。タイトルは『FLESH AND BONES ELECTRIC FUN』(日本未発売)。7月には映画『トランスフォーマー』に「トランスフォーマーズ・テーマ」を提供。さらに、大規模な全米ヘッドライン・ツアーを行った。2008年には、サマーソニック08で初の日本上陸。観客の度肝を抜くショウを見せてくれた。さらに、大ヒット映画『トワイライト』に新曲「スポットライト」を提供。2009年8月には待望の新作『アーミスティス』をリリースし、サマーソニック09で再来日、再び圧巻のパフォーマンスを見せてくれた。11月には初の単独公演を東京、大阪、名古屋で実施、さらに強力なライヴをファンに見せつけた。 2010年にはフジロック・フェスティバル出演も果たしている。さまざまな現役ミュージシャンからも、今最もお気に入りのアーティストとして、名前を上げられることが多いミュートマス。今後の動きから目が離せない。

Warner Music Japan アーティストプロフィールより

そういえばフジロックの参加時にフェス友が絶賛していたバンドだったな。気づかずにSoundcloudでもフォローしてた。この映像はアルバム宣伝用なのかな?ビートに切れもあってカッコいいのに映像がコミカル。

バンドへの目の向け方、耳の傾け方も変わりそう(笑)

 

Selected by 音楽Hi-TeQ

こんな記事も紹介しています。

生ドラムの録音方法をプロミュージシャンのスタジオワークで学ぶ

音楽配信機能が充実したwixでハイセンスなホームページ作成

 

Soundreformバナー190x190

こんな悩みはありませんか?

超簡単!ぐっと音が良くなるiphoneのミュージックフィッティングとは

music-iphone

ipodやWalkmanはすっかり使わなくなり、外出先での音楽は ほとんどがiphoneという方も多いのではないでしょうか? そんなあなたにiphoneのミュージックフィッティングをおすすめします。

ヘッドフォンなども多くの種類から選べるようになった今だからこそ その性能を引き出すためにも適正なセッティングをしましょう。音楽の表情や迫力も全然ちがってきますよ。

方法はとても簡単、意外に目が届かずまったく変更したことのない人もいると思います。 機械に詳しくないあなたにもわかりやすく説明します。

続きを読む

動画配信するミュージシャンに嬉しいサウンド・リフォーム3つのポイント

ライブハウス

自らの演奏やオリジナル曲などをYoutubeやニコニコ動画にUPしている
アマチュアミュージシャンは多いと思います。ジャンルを問わずプロを目指す本格バンドからボカロP、コンクールや演奏会、お子様のピアノ発表会など無数の映像が世界中に公開されています。あなたのそのサウンドクオリティに満足しているだろうか?

プロ並みのクオリティでスタジオで録音した作品やDAWで作り込まれた音源も多いけれど、民生機のビデオで収録した作品も数多く投稿されています。プロ作品と比較するとそのクオリティ差は歴然。そもそもの音楽の良さを比較する対象にすらならないでしょう。

ハイブリッド・サウンド・リフォームはそんな音楽のクオリティアップをお手伝い。
驚愕のノイズリダクションをはじめ、状態が良いといえない音源からもハイクオリティな作品に仕上げます。せっかく公開するなら多くのリスナーが心地よく体感できる音楽をシェアしてもらいましょう。DAWでレコーディングしたものから、ライブハウスで撮影してもらったビデオ、古いVHS、リニアPCMレコーダーで録音した演奏など。音楽ジャンルも幅広く対応し、ミュージシャンのイメージを汲み取った高音質サウンドリフォームいたします。

続きを読む

想像力を刺激する手書き設計図から放たれるFoalsの映像

Foals Cool VIDEO

Youtubeなどで溢れ続ける音楽コンテンツ。選択肢が多すぎてすでに人気を得ているものや目的をもって作品を見つけるのは簡単だけど。自らの価値感をゆさぶる素敵な作品を意図的に掘り起こしていくのはなかなか難しいものです。

音楽Hi-TeQでは音楽に関連するテクノロジーを紹介していますので、コンセプトに呼応する作品も取り上げていきます。Hybrid VIDEO紹介の第一弾は以下の作品です。ご試聴ください。

デジタル満載の映像なのにまるで手書きのデッサンと設計図が動き出すようなオーガニックさを感じさせるデジアナハイブリッド作品。Foalsって個人的にはそんなにピンときていなかったバンドなんだけど聞き方が変わった。エスカレーターや電車や都市、宇宙まで魅力的なモチーフが満載。設計図に紛れ込んだ世界観に引き込まれます。

続きを読む

強力ノイズ除去プラグインDenoiseの基本操作

RX-3

ポストプロダクションやプロのミュージシャン、エンジニアにはおなじみのizotopeのRXシリーズ。アマチュアには優先度が低いプラグインかもしれないけどこいつはすごい。Web上での情報が少ないので簡単な使用方法とその技術を紹介します。

解析機能やプリセットもあり操作自体はとても簡単ですが、成分を表示するスペクトグラムを理解しエディットをくり返すとプラグインの癖がだんだん解ってくると思います。

筆者はRX-3の通常版を所有しておりますがProtoolsでの業務使用でなければAdvanced版じゃなくても十分使用でき、手軽にDAW廻りの強化プラグインとして導入してもかなり使えるプラグインです。強力な各種ノイズ除去はもちろん、録音時に失敗した音声のリカバリーツールとして秀逸。

続きを読む

ピアノ発表会のビデオ撮影で失敗しないコツ

音楽演奏のビデオ撮影

音楽の演奏をビデオ撮影するって難しくありませんか?

最近は家庭用のビデオカメラも高画質のハイビジョンで撮影ができ、確実に映像クオリティーは上がっています。でもなぜか素人チックな動画になってしまうのでしょうか?特に音楽は音のクオリティが悪いと折角の演奏もチープな映像になってしまいます。

音の録音に関する知識を知り、その録音クオリティをグレードアップさせましょう。お子様のピアノ発表会などの楽器演奏はもちろん、学校行事の様々なイベントを撮影するときも知っておくと便利な基礎知識を紹介します。

続きを読む