セルフブランディング

低予算で自身の録音スタイルを選択するための記事まとめ

sound-studio-911516_1280

一昔前にバンドで本格レコーディングしようと思ったら、専門のスタジオを1日貸し切りエンジニアさんにもお願いして….というスタイルが一般的でした。今ではプロでも全て自宅録音するケースも増え、制作スタイルも多様化しています。

ハイクオリティで録音できる機材や環境も揃ったけど、それぞれのメリット、デメリットはどこにあるのか?レコーディングスタジオでの録音、DAW宅録、簡易なスマホ自撮りなどを分かりやすく紹介している記事をまとめてみました。

続きを読む

自撮りしたビデオを高音質化する「Sound Reform」のメニュー2015.9

audio

筆者が運営する新感覚サービス「音楽のリフォーム」を提案するハイブリッド・サウンド・リフォームドットコムの最新メニューを紹介します。ハンディカム等で個人で撮影した演奏、ライブハウスで収録したビデオはお持ちではありませんか?これらはどうしてもプロの音楽コンテンツと比べるとチープに感じてしまうもの。それは音質による原因が大。

「Sound Reform」本格的なレコーディングをする機会の少ないアマチュア・ミュージシャンに新たな感動をお届けします。ここでは基本サービスメニュー(2015.9時点)を紹介します。

続きを読む

あのビルの窓からどんな景色が見えるって想像したことありますよね?

city scape

車や電車の車窓から何気なく見える風景。そこにはありふれた建物や、人々の暮らしがある。都会の生活は空が狭くてあまり好きではなかったけど、非日常を感じさせる刺激的な建造物や広告などを眺めるのは好きだった。

高速道路からオフィスの中で働く人々の日常を想像してみるのも悪くないと思いませんか。

続きを読む

SONYミュージックビデオレコーダーは安すぎじゃないのか?

スクリーンショット 2015-09-10 16.11.06

音楽の演奏を奇麗に収録するって難しいですよね。ハンディカムで録った音楽はどこかチープで、テレビ放送などで試聴する演奏とは大きく差があるもの。最近ではYouTubeやニコニコ動画で自らの演奏を自撮りするミュージシャンも多い。彼らはどんな機材を使っているのかをリサーチしていたら、「ミュージックレコーダー」というソニーの音楽専用ビデオレコーダーを発見。発売からはかなり経過していますが改めて取り上げます。

続きを読む

ボレロとハイスピードカメラでアートなダンスを堪能する

highspeedcamera

久々にハイブリッドビデオの紹介です。Stargate studioのHS-2というハイスピードカメラのプロモーションです。ハイスピードカメラならではの繊細なスロー映像とクラシックのスタンダード「ボレロ」がとてもいい感じで融合しています。

Stargate Studios Weisscam HS-2 High Speed Camera Demo from Stargate Studios on Vimeo.

水とか髪の毛とかはその繊細な動きに目を奪われてしまいます。克明に記録された元映像を編集するするディレクターは面白いのだろうな〜。

髪の長い女性やプールに飛び込むファット(笑)な男性など、遊びココロも満載でした。スローで観る水の飛び散り方って本当に不思議で新鮮な感覚を覚えます。

打ち抜かれたカクテルグラスの液体もすごくアーティー。想像力を刺激されます。

ハイテクAV機器ならではの表現。そんなテクノロジーは歓迎して楽しみたいものですね。

 

こちらのビデオもどうぞ

映像ごと?ドラム&ベースをシーケンスしちゃう面白さ。

想像力を刺激する手書き設計図から放たれるFoalsの映像

Cubaseでボカロ作品作ったのでこれから始める初心者へ捧ぐ

GUMI_haihaiwakaruwakaru_201508051246

すでに認知された音楽カルチャーであるVOCALOID。SEKAI NO OWARIのVoであるFukaseがボーカロイド化されることが決まった。なんと言っても少年の瑞々しさを感じる彼の声は旬なメジャーバンドの中でも抜きに出た魅力があり、それを手に入れられるなんて今どきのクリエイターは大喜びに違いない。

筆者も今年に入って通称ボカキューと呼ばれる、Cubase上でエディットができるボカロソフトウェアを導入。久々に作り込んだ楽曲を仕上げた。特定のコミュニティで熱狂的に盛り上がったためにオタク的にみられがちなVOCALOIDだが、そのクオリティや音楽クリエイターに与える影響などをレポートしたい。

続きを読む

思ったよりも簡単なカヴァー曲を販売する手順とは(国内編)

microphone-626618_1280

単独で活動するアーティストが販売を見込んで曲を定期的に発表していくのは大変なこと。締め切りがないから、こだわり深いクリエイターほど世の中へのアウトプットが減ってしまいがち。

YouTubeでは投稿ファイル数が多いほど検索ヒット確率も上がるという。視点を変えてカヴァー曲を発表してみては?Dirtyloopsというグループをご存知だろうか?圧倒的な演奏のテクニックとカヴァー曲を話題のトリガーとして早々とブレイク。そのマーケティング方法が注目されました。

国内におけるカヴァー楽曲を販売、特にJASRAC管轄にある楽曲は意外に簡単です。手続きの流れを押さえておきましょう。

続きを読む

音楽制作を活性化させる便利なサービスサイト6選

ミュージシャン

音楽クリエイターにとって便利なサービスをまとめてみました。お馴染みのサイトもありますが、「おっ」と思わせるサービスが増加傾向にあります。手段と目的にあわせて使い倒すのはもちろん、以外なサービスから気づくヒントもあるはず。

簡易レコーディングやマスタリング、バンドメンバー募集からDTM教室など。他にも素敵なサイトをご存知の方はお気軽に書き込みをお願いします。

続きを読む

聴き放題サービス?ハイレゾ?ミュージシャンは何を使うべきか

headphones-820341_1280

音楽聴き放題サービスが日本でも複数始まった

Apple MUSIC、AWAやLINE MUSICなどがスタート。あなたはそれらのサービスを使い始めていますか?スマートフォンという強力な端末が普及し、音楽リスナーの楽しみ方にも大きな変化が起こっている。

音楽聴き放題の定額ストリーミングサービスは更なる変化を促進するきっかけになるのは間違いない。既にCDを所有しない世代の音楽リスナーなども存在する。クリエイター側はターゲット層に応じてどんな対策ができるだろうか?

続きを読む

Wixでセルフブランディング|公式HPがないバンドは絶対不利

guitar-726960_640

インディースで活動するミュージシャンも公式サイトを持つのも今や当たり前。カッコいいオフィシャルサイトをあなたは持っているだろうか?音楽やプロモーションビデオならYouTubeやsoundcloudでも簡単にアップができるが、アーティストとしてその世界観を表現できるオフィシャルサイトはブランディングとして極めて有効だ。

i-Tunesで世界流通しているアーティストでもまともな公式サイトを持たないミュージシャンは多い。せっかくブログなどで紹介したくてもプロフィールすら発見できないと、自らの音楽が無料で拡散される可能性の芽を摘んでしまう。

音楽活動をしているあなたにはWixというホームページ作成サービスをオススメする。

ハイセンスなデザインのテンプレートが充実し、ミュージシャンにも便利な機能が満載。作成もパワーポイントを触るような感覚で超簡単。そのデザインや便利な機能を紹介する。

続きを読む