動画

動画収録時の音声に起こる不自然なリミッター(息継ぎ現象)の修復事例

ビデオ撮影の音声トラブル

音声収録専門スタッフがいない場合のビデオ収録はプロであって音声トラブルはつきものです。特にリハなしで一発収録が必要な舞台や音楽案件では細かな段取りと細心の注意が必要です。

音楽コンサートなどダイナミックレンジの広い収録ではホール調整室のミキサーから送られた音声が打ち合わせと違う場合もあるようです。急な音量変化で肝心の音声が使えないことがあります。先日、音楽ホールで収録された三点吊りマイクの不自然に歪んだ音声修復依頼があり、無事クライアントに納品しました。

続きを読む

ワイヤレスマイク使用時にありがちなノイズトラブル対処法

ワイヤレスマイク

先日、海外在住の日本人クリエイターの映像作品をお手伝いしました。これから発表する作品なのでコンセプトは詳しく伝えられませんが、楽器を手にしたミュージシャンにインタビューする動画が時間軸編集のないスタイルで表現されています。インタビュアーとミュージシャンはそれぞれワイヤレスマイクを装着してマルチトラックの音声として収録されていましたが、演者2名のワイヤレスマイクのメイン音声の各所に音声トラブルが主な問題でした。

続きを読む

動画編集時に押さえておきたい音声を聴きやすくする超基本ワザ

ローカット 簡単

スマートフォンなどでも手軽に動画が録画できるようになり、テレビのニュースで視聴者撮影の映像が使用されることもごく普通になりました。4K動画が録画できる端末も珍しくありません。

一般ユーザー向けの動画編集無料アプリも充実しており、アマチュアが動画編集する機会も増えています。自身で見返すだけの映像なら構いませんが、家族や友人に見せる機会や、YouTubeなどに投稿する場合。「音」が悪いと一気に全体の雰囲気を壊してしまいます。

続きを読む

自主制作映画の整音・ノイズ処理|サウンドクオリティの底上げをお手伝いしました

自主制作映画

 最近、若手クリエイターの映画制作者からの整音作業のオファーが増加中です。現在、別案件も作業中なのですが、先日にお手伝いさせてもらったドキュメンタリー映画が公開となり、劇場にて最終アウトプットのチェックも含め観覧してきました。一概には言えませんが、いわゆる大手が配給する高予算の作品と比べ、自主系の映画制作は撮影・編集はほとんど自前でこなし、「音専門のスタッフ」は大概の場合いない。そんなチームが制作の佳境に入った段階で撮り直しのきかない「音のクオリティ問題」に出くわすケースは少なくありません。 続きを読む

VHSのダビングサービスサイトまとめ~思い出の映像を楽しもう~

film-1331187_640

あなたにとってかけがえのない宝物かもしれない古いVHSや8mmの映像。そのフィルムやビデオテープは再生機器がないために、ただのガラクタになり果てていないだろうか?

VHSデッキの国内生産が終わったこともあり、これらを扱いやすいDVDにコピーしてもらえるサービスが多く存在しています。もうほとんど再生する機械がない8mmに対応している業者も存在します。

さほど、世間が大きく話題にするサービスではないように思えたが、昨日(2017/5/8)夏目三久が司会と務めるTBSあさチャンで「個人的な映像から思い出を取り戻す」DVDダビングサービスを利用する利用者のエピソードが紹介されました。

続きを読む

録音失敗したピンマイク音声のリカバリーのポイント

ピンマイク

 一般ユーザー向けに音質改善サービスを運営している私ですが、たまにテレビ番組制作の飛び込み案件が入ったりします。先日入った案件は、複数名登場するトーク番組。出演者それぞれの声をピンマイク収録するのですが、ゲスト5名中、3名のピンマイクが死んでいたというもの。活きていた2名のマイクから音像は遠いながらも3名の音声は拾っており、限られた音素材をなんとかベターな状態に修復するというもの。

ゲストの知名度が高いほど収録のリテイクなどできません。限られた納期で何とか許容範囲までサウンド・リフォーム(音声修復)し納品しました。

続きを読む

ビデオに刻まれた舞台の新たな楽しみかた

musical stage

学生時代に音楽や演劇などにのめり込んだ人なら、それぞれにとって幾つかの忘れられないステージがあります。

活動にピリオドを打ったミュージシャンや俳優にとって、そんな思い出は大切な瞬間。80年代にそんな活動していた人なら、当時の貴重な映像を収録したVHSを所有している人もいるだろう。近年は身近なデジタルメディアの活用が広がり、現役使用できるビデオデッキをお持ちの方は少ない。

続きを読む

YouTube動画のノイズ除去やリマスターが依頼できるサイト

YouTube音質改善

 音楽を奏でるのが単純に好きだったり、プロミュージシャンやシンガーを目指していたり、理由はそれぞれですが、手軽に音楽を聴いてもらうならYouTubeはとても便利。世界最大のメディアとも呼ばれるYouTubeで億単位の利用者がいる。それで生計を立てるYouTuberが存在し、今や小学生にとってプロスポーツ選手より人気があり「なりたい職業NO1」だそうです。

そんなわけでYouTubeに音楽投稿している人に便利なサービスを紹介します。

 

続きを読む

音楽SEO対策①YouTube投稿で必ず押さえておくポイント

youtube-950900_1280

 バンド活動するミュージシャンや音楽クリエイターは作品を聞いてもらうチャンスが欲しい。そのためにYouTubeや各種SNS活用は必須。しかし無名ミュージシャンは何の対策もせずにネット投稿しても内輪以外のアクセスを得るのは難しい。特に音楽は写真などと比べSNS上で再生してもらうにはその性質上、難易度が高い。

 SEOとは「サーチ・エンジン・オプティマイゼーション」の略称。GoogleやYahooの検索で自身のホームページやブログが上位表示されるための対策。あなたの作品をネット上で見つけてもらうための対策を始めましょう。

投稿時のちょっとした手間で、人の目に触れる確率が大きく変化します。第一回の今回は莫大な利用者を抱えるYouTube投稿時に押さえておきたいポイントを紹介します。 続きを読む

アマチュアバンドのYouTube動画が持つ課題と可能性

band-movie

YouTubeはアカウントさえ持っていれば手軽に利用できるから、バンドや楽器演奏の趣味を持つユーザーの動画投稿は非常に多い。有名なミュージシャンのコピーやカヴァーをすると検索されやすく、上手い人や特徴あるパフォーマンスでネット上で話題になることも少なくない。

しかし実際は若干、耳当たりが悪い動画が多い。世にアピールする目的ではなく、身内でシェアするのが便利なのもその理由の一つだと言えるでしょう。あなたはそんな動画をUPしていませんか?そして知らない素人の音楽は視聴する? 

続きを読む