HOW TO

ミュージシャンの必須スキル|セルフブランディングをカリスマから学ぼう

big concert

AWAやLINE MUSICがスタートしApple MUSICが発表された。日本でも音楽のストリーミングサービスが本格的にスタートし音楽流通に革命が起こりつつある。

そのプラットフォームであなたの音楽は日の目を浴びれるだろうか?どんなに便利になっても数百万曲の中から自身の楽曲を見つけてもらうのは至難の業。すでに7000万人のユーザーがいるspotifyでも20%近くが未再生だという。

世界中のインディペンデント・ミュージシャンの扉を開き、成功者を見届けてきたcdbabyを創設者=デレク・シバースが多くの言葉を残している。

音楽という魔法を真摯にとらえ、厳しくも愛のある言葉でミュージック・クリエイターに勇気と知恵を与える。

続きを読む

楽曲ネット配信で100万稼ぐために必要な再生回数

musician

有名なレコード会社からCDをリリースしなくても、オンラインでオリジナルの曲を販売することは身近になった。音楽聴き放題サービスも複数スタートし、自らの音楽をネット上で流通させる間口はとても広がった。

興味深い海外の記事を見つけた。iTunesをはじめとする音楽の主要プラットフォームでソロアーティストが1260$(約15.8万)を稼ぐためにはどれくらいのCD販売やダウンロード数が必要か?という比較一覧。Tunecoreなどで世界配信してもネット上でマネタイズするのはかなりの知名度が必要だ。

ライブハウスなどでリアルな活動しているミュージシャンやバンドはやはりCDを手売りできることが最大のメリット。アルバムCDを自己流通で100枚直販できるインディーズ・アーティストははビジネス的にはとても優秀。その利益を稼ぐため、i-Tunesでは?Spotifyでは?YouTubeでは?

続きを読む

ネットと音楽の関係は激変。ジェネレーションZの価値観。

Net-Music

CINRA.NETというカルチャーニュースサイトで「ネットが音楽に与えた変化を問う」というテーマのもと渋谷慶一郎×VERBALの対談が掲載されて、プロのクリエイター側から見る視点のコメントがとても面白かった。

音楽クリエイター同士ではたまに議論される内容かもしれないが、現在進行で変化が激しい今を切りとってのインタビューは貴重だ。彼らの気になった文面から一般人としての視野もいれながらその考え方に触れ、変化に困惑しそうな?アラフォー世代の音楽の楽しみ方に考えてみたい。

続きを読む

フジロック初参戦のあなたに役立つ7か条

fujirock

いい天気が続き、暑くなってビールも美味しい季節、そう夏フェスシーズンがやってきました。国内の単独アーティストがオーガナイズしてのイベントも目立っていますが、なんといっても日本の夏フェスといえばFUJI ROCKFESTIBALです。出演アーティストのメンツだけでは語り尽くせないその圧倒的な魅力の夏フェス。

集客が前提とされているスタジアムなどでのライブイベントと違い、山深い苗場スキー場で開催されるFUJI ROCKはきちんと準備していかないと天国がまさに地獄になってしまうケースも。「最低(怒)2度と行きたくない」と断言する声もしばしば。

苗場に場所を移して聖地化しているわけですが、10年以上にわたりフル参戦を続け実践してきたポイントをまとめてみたい。

続きを読む

レアトラック満載のSOUNDCLOUDを楽しむ方法

soundcloud

Appleがストリーミングサービスの名前が「アップル・ミュージック」になるであろうというニュースが流れた。Spotifyの参入は国内の利権問題もふくめいつになるのかはっきりしていない。YouTubeでしか音楽を聴かなくなったリスナーも珍しくなくなった。日本でSOUNDCLOUDがメジャーにならないのはどうしてなのだろう。有名なミュージシャンが積極活用していないのも大きいでしょうが、一般の洋楽好きのリスナーにはぜんぜん浸透していない。

新しい音楽に出逢いたい人にとって魅力的なサイト。活用している人の多くは、自ら楽曲をアップしているクリエイターが多い。クリエイターの生の姿がそこに見え隠れする。そんな魅力を再確認してみよう。

続きを読む

動画配信するミュージシャンに嬉しいサウンド・リフォーム3つのポイント

ライブハウス

自らの演奏やオリジナル曲などをYoutubeやニコニコ動画にUPしている
アマチュアミュージシャンは多いと思います。ジャンルを問わずプロを目指す本格バンドからボカロP、コンクールや演奏会、お子様のピアノ発表会など無数の映像が世界中に公開されています。あなたのそのサウンドクオリティに満足しているだろうか?

プロ並みのクオリティでスタジオで録音した作品やDAWで作り込まれた音源も多いけれど、民生機のビデオで収録した作品も数多く投稿されています。プロ作品と比較するとそのクオリティ差は歴然。そもそもの音楽の良さを比較する対象にすらならないでしょう。

ハイブリッド・サウンド・リフォームはそんな音楽のクオリティアップをお手伝い。
驚愕のノイズリダクションをはじめ、状態が良いといえない音源からもハイクオリティな作品に仕上げます。せっかく公開するなら多くのリスナーが心地よく体感できる音楽をシェアしてもらいましょう。DAWでレコーディングしたものから、ライブハウスで撮影してもらったビデオ、古いVHS、リニアPCMレコーダーで録音した演奏など。音楽ジャンルも幅広く対応し、ミュージシャンのイメージを汲み取った高音質サウンドリフォームいたします。

続きを読む

ピアノ発表会のビデオ撮影で失敗しないコツ

音楽演奏のビデオ撮影

音楽の演奏をビデオ撮影するって難しくありませんか?

最近は家庭用のビデオカメラも高画質のハイビジョンで撮影ができ、確実に映像クオリティーは上がっています。でもなぜか素人チックな動画になってしまうのでしょうか?特に音楽は音のクオリティが悪いと折角の演奏もチープな映像になってしまいます。

音の録音に関する知識を知り、その録音クオリティをグレードアップさせましょう。お子様のピアノ発表会などの楽器演奏はもちろん、学校行事の様々なイベントを撮影するときも知っておくと便利な基礎知識を紹介します。

続きを読む